トライバルラグ エキジビション を終えて

11日(日)までスケッチイン・ハイク2Fで開催しておりました「tribal rug exhibition 西アジアの染織物と遊牧民」は、おかげさまで無事終了いたしました。ご来場いただいたお客様、本当にありがとうございました。

バルーチ族やハムセ連合などの遊牧民が、暮らしの中で使っていたトライバルラグは、ギャベやペルシャ絨毯とはまた違う魅力を持っています。少しでもその魅力をお伝えするお手伝いができたのならば嬉しく思います。お買い上げいただきましたお客様には、実際に使われてみてのご感想なども聞かせていただければ幸いです。またtribeの榊さんの控えめで柔らかい語り口と丁寧な説明は、とても好評だったようです。僕自身はほとんど会場にはいませんでしたので、それだけが少々心残りではありますが、、、。また2回目以降の開催ができるようにと考えております。素朴で繊細、そして力強く美しい織物を、引き続き皆さんにご紹介していきたいです。

そうそう、エイトデイズではトライバルラグの販売も少量ですが始めています。僕がtribeさんのオフィスで選んできたラグですので、クオリティも良いものだと思います。気になる方は見に来てください。またご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。それではよろしくお願いいたします。

トルクメンと嬉しいお知らせ

さて残すところ明日10日(土)と11日(日)の2日間だけとなりましたtribal rug exhibitionですが、お知らせがあります。土日と再びtribeの榊さんが在店します(土曜日は昼過ぎからになるそうです)。追加で少しラグやキリムを持ってきてくれるそうなので、一度来られて悩んでいる方などおられましたら、是非!

“トルクメンと嬉しいお知らせ” の続きを読む

tribal rug exhibition に関しまして

週末はスケッチイン・ハイクにて開催中の「tribal rug exhibition 西アジアの染織物と遊牧民」にご来場いただき、誠にありがとうございました。5日(月)と6日(火)は展示会場はお休みですが、7日(水)から11日(日)まで引き続き開催しています。なかなか触れる機会のない染織物ですので、是非ご来場いただければと思っております(エイトデイズ店舗は通常通り営業しています)。

“tribal rug exhibition に関しまして” の続きを読む

warangwayan morocco (ワランワヤン・モロッコ)

ワランワヤン・モロッコから久しぶりに商品が入荷しました。

まずは蓋つきバスケットです。サイズはS/M/Lの3種類で、持ち手部分の革の色はグレーとアイボリーが入荷しています。


ノスノスもいろいろな色が入荷しています。ノスノスはオンラインストアに掲載しております。
コチラ→

クロスステッチの入ったバブーシュや、シンプルバブーシュも再入荷しています。どちらも底は牛革ですべて手縫いのものです。一般的なバブーシュよりも耐久性に優れ、履き心地もとても良いと思います。バブーシュも近日中にオンラインストアにアップする予定です。

明日はお祭りのため、店の前の道路は午後3時まで通行止めです。須坂病院の駐車場が使えると思います。スケッチン・ハイクで開催中のtribal rug exhibitionと合わせてぜひご来店ください。また午後5時からはtribar rug exhibition展示会場で1930年代の遊牧民の様子を撮影した映画の上映会がございます。コチラも是非~。

tribal rug exhibition 開催に関して

いよいよ今週の金曜日から始まる「tribal rug exhibition~西アジアの染織物と遊牧民」。DMをお渡しすると、多くの方に「ギャベとは違うモノなの?」という質問を受けますので、トライバルラグとギャベの関係、そしてそラグとキリムの違いなど、基本的なことについて説明したいと思います。

ギャベはもともとはトライバルラグの一種です。ザクロス山脈周辺の遊牧民は夏になると羊を連れて高地にキャンプに行くそうですが、そのあたりでは夏に雨が降ることがない為、テントを持たずに寝具としての敷物のみ持って行きます。そのために織られたものがギャベだった、、、ということのようです。詳しくはトライブさんのサイトに記事がありますので、ご興味のある方はどうぞ。
コチラ→

80年代にギャベに注目したトライバルラグ研究家がおり、そのコレクションを参考にしながら現代的に作られているのが、現在流通しているギャベと言えます。本来、遊牧生活の中で織られていたラグ(ギャベ)は、現在のギャベに比べると薄手で、折りたためるものなのです。遊牧民は移動するので、重く厚手のラグを何枚も運ぶことはできません。ただ現代人の嗜好に合わせて作り変えるというのは決して悪いことではないですし、むしろ当たり前のことだと思います。つまり現代のギャベにも良さがあり、そしてトライバルラグにはトライバルラグの良さがある、ということなのです。

さて、ラグとは絨毯のことですが、部屋全体に敷き詰めるようなものをカーペット、比較的小ぶりなものをラグ、と呼ぶことが多いようです。たて糸とよこ糸の間にひとつひとつ糸を結んでいくことによって柄を表現しています。ペルシャ絨毯では結び目の細かさ(ノット数)で価値を決めるようなこともされているようですが、トライバルラグはノット数=絨毯の価値ではありません。織り、ウールの質、染色、などいろいろな要素があり、人それぞれの嗜好が選ぶ基準になります。そこがトライバルラグの面白さであると思います。

写真はイラン北東部ホラサーン地方のバルーチ族によるラグ。天然染料による深い赤や藍色が美しく、たて糸のウールにも光沢があります。バルーチ族のものは比較的数が多く手に入れやすいですし、落ちついた色目が日本家屋にもよく合うので、おススメです。

そしてたて糸とよこ糸のみで構成された平織のものがキリムです。平織と言ってもスマック織などの技法があるので、一筋縄ではいかないです。シャーセバン族のようにほとんどキリムしか織っていない部族もいるようですね。

コチラはアナトリア地方のコンヤキリム。幅は80㎝ほどしかありませんが、長さは4mあります。本来は対になっていて、真ん中で縫い合わせているものの片方です。テントの中でほこり除けなどに使うモノのようです。遊牧生活の中で使われていた古いキリムは、専門サイト等で見ることができますが、高額なのでなかなか買えません。これはキリムコレクターからすればイマイチなようで、結構安かったです(笑)。年代は19世紀終わりから20世紀初頭くらいだそうです。ラグよりは状態の判断がしやすいので、知識があればネットで買うことも可能だと思います。

今回の展示会はトライバルラグを30年にわたり輸入しているトライブさんのご協力で実現しました。オールドものが多いですが、コンデションは本当に素晴らしく、畳の上でも使っていただけるようなものばかりです。ペルシャ絨毯やギャベなどに親しんでいる方からすると、比較的安いと思われるかもしれません。是非この機会にトライバルラグの世界に触れてみて下さい。会場はスケッチイン・ハイクの2Fです。よろしくお願い致します。

tribal rug exhibition(トライバルラグ エキジビジョン)のお知らせ

11月2日(金)より11日(日)まで、「tribal rug exhibition-西アジアの染織物と遊牧民」と題した展示会を開催いたします。場所は同じく須坂にある雑貨店「スケッチイン・ハイク」の2Fです。エイトデイズから歩いて7、8分の場所です。今回はスケッチイン・ハイクとエイトデイズの共催という形になります。初めての試みで、僕自身もとても楽しみにしています。

トライバルラグは今までこのブログでも何回か紹介しておりますが、もともとは西アジア広域にまたがって暮らすさまざまな遊牧民が、その生活の中で使うために織られた絨毯やキリムのことを言います。現在では村に定住して織られているもの、商業用に大きな工房で織られているもの、などその形態はさまざまです。部族によって柄に特徴があり、とてもユニークで美しい織物なのです。今回はトライバルラグを30年以上にわたって輸入されているtribeさんのご協力により、アンティークやオールドの素晴らしいトライバルラグを展示販売させていただきます。また3日(土)の午後5時より1930年代に撮影された貴重なドキュメンタリーの上映会もございます。なかなか観られないものですので、この機会に是非。皆様のお越しをお待ちしております。

なお、エイトデイズ店舗の営業ですが、2日(金)は臨時休業です。また3日(土)は午後5時までの営業です。僕も上映会に参加したいので、、、。それ以降は通常通り営業していますので、展示会にお越しの際はついでにお立ち寄りいただけると嬉しいです。感想なども聞かせてください。展示会について何かわからない事等ございましたら、エイトデイズでもスケッチイン・ハイクでもどちらでも結構ですので、お問い合わせください。それではよろしくお願い致します。

トライバル ラグ

トライバル ラグ(部族絨毯)と呼ばれる西アジアの染織物が入荷しました。もともとは遊牧民が生活の道具として織っていたものだそうですが、時代と共にさまざまな変革をしながら今に至っています。遊牧民が織ったもの、村に定住しながら織り続けているもの、都市工房の絨毯、そして宮廷用の絨毯(いわゆるペルシャ絨毯)などに分けられるそうです。今回は19世紀末から20世紀中ごろの、遊牧民が織ったものや村の定住者が織ったもの、等を仕入れております。自分たちが育てた羊の毛を、主に天然由来の染料で染めています(一部ラクダの原毛も使われています)。ひとつひとつ丁寧に織られたラグは、見ていて本当に飽きが来ないです。