new arrivals

トライバルラグが入荷しています。1枚目はバッグフェイスやバーリシトなど。比較的小さめのもです。2枚目はバルーチ族のプレイヤーラグ。アンティークです。3枚目はトルクメン。こちらもかなり古いもののようです。

トライバルラグ第2弾

ようやく第2弾もアップしました。#016,017,018のバーリシト3点、そして#026から#035までキリム10点です。ONLINE STOREでご覧いただけます。

またInstagramでも個別の紹介をしていこうかと思います。i-phoneで撮った方が良くわかる場合がございますので、よろしければご覧ください。

今回の企画は、輸入元であるtribe榊氏のご協力により実現いたしました。氏のトライバルラグに関する知識と愛情は、とても深いです。西アジアを中心としたこれらの遊牧民の世界観は、私にとって新鮮な驚きでした。これらの素晴らしいラグやキリムを伝えていくお手伝いが少しでもできれば、と思っています。

それではよろしくお願いいたします。

オンライン・トライバルラグ展のお知らせ

ONLINE STOREにトライバルラグ展の商品をアップしました。20点ほどになります。今回の分はラグになります。2,3日中に主にキリムを追加で掲載予定です。tribeの榊さんによる詳しい説明がありますので、ご在宅の折、是非お読みいただければと思います。tribal rug はなかなか奥の深い世界で、最近では(自分を含め)販売者ですらあまり知識がないのが実情です。この機会に是非。

オンライン トライバルラグ展につきまして

お知らせしていました”オンライン トライバルラグ展”ですが、ようやく準備が整いつつあります。一度に全部を公開するのは無理があるので、2回くらいに分けてアップする予定です。第1弾は5月2日(土)になると思います。今回はtribeの榊さんによる、少し詳しい商品説明もご用意する予定です。ちゃんとした解説を目にする機会も少ないので、是非ご覧いただければと思います。

それでは今しばらくお待ちください。よろしくお願いいたします。

トライバルラグ展を終えて

10日(日)まで開催しておりましたトライバルラグ展ですが、無事終了することができました。ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます。会場がスケッチイン・ハイクの2Fだったため、僕自身はほとんど在店できませんでしたが、多くの方に見てもらえたとのことで大変うれしく思っています。またお買い上げいただきましたお客様には心よりお礼申し上げます。

tribeの榊さんも比較的若いお客様が多く喜んでおられました。来年の開催は今のところまだ未定ですが、なるべく継続できるように頑張りたいです。またエイトデイズでは引き続きトライバルラグやキリムの販売をしていきます。榊さんとやり取りしながら、新しい商品も入れられるようにしていくつもりです。何かご要望などありましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。

それでは引き続きよろしくお願いいたします。

「トライバルラグ展」開催

本日より須坂スケッチイン・ハイクの2Fスペースにて遊牧民の絨毯やキリムの展示販売会が開催されています。期間は11月10日(日)まで、5日(火)はお休みです。本日午後3時より輸入元のtribeさんのお話し会も開催されます。今回はシベリアの遺跡にて発掘された約2500年前の絨毯についてや、祇園祭の屋台に飾られる絨毯について等々、とても興味深い内容です。是非ご参加ください。


こちらはトルクメンのチュバルと呼ばれる袋物。テント内でこのようにぶら下げてモノを入れるものだそうです。

慌てて写真を撮ったのでちょっとボケ過ぎていますが、チラリと見える裏側の上部分にもしっかり装飾が施されていて、その美意識に驚かされます。


シャーセバン族のマフラッシュという布団袋を開いたもの。スマック織りという技法を使い、美しく織られたキリムです。繊細でありながら力強さも感じます。アンティークのマフラッシュは、普段あまりお目にかかれないものです。

「トライバルラグ展」開催に関しまして

11月2日(土)から開催予定のトライバルラグ展。こんな時期に開催することについてはいろいろな意見もあると思います。自分の中にも迷う部分もあるのですが、とりあえず予定通り行います。DMに関しては一部地域にお住まいの方には、こちらで判断して発送を見合わせております。僕自身あまり土地勘がないので、ちょっとチンプンカンプンな送り方になってしまったかもしれません。被災された方や近親の方が被災された方など、DMが届いたことにより不愉快に思われる方もいらっしゃるかと思います。何卒ご容赦ください。

阪神淡路大震災で被災した時の経験や、その時感じた事などが自分の中で一つの指針になっていて、災害時にはよく思いだします。内容をここでいちいち説明することは控えさせていただきますが、ただ自粛するにしろ、そうでないにしろ、個人の考えのもと行動するべきであるとは思っています。いろいろな考え方や感じ方を尊重し、多くの人が優しさをもって自分なりに行動できれば、それが一番良いことなのではないでしょうか。

会場は去年と同じスケッチイン・ハイク2Fです。初日の2日(土)の午後3時からお話し会とスライドショーがあります。内容は京都・祇園祭の屋台に飾られる約300年ほど前の絨毯の事を中心に、さまざまな布についてのお話しになる予定です。大変興味深い内容ですので是非お越しください。開催期間は11月10日(日)までで、営業時間は11時から午後5時まで。期間中5日(火)はお休みとなっております。

スケッチイン・ハイクはこちら →

それではよろしくお願い致します。

トライバルラグあれこれ

tribeさんに譲ってもらったベシール絨毯。お店のたたきに敷いたらいいじゃないですか、と言われたんだけど、いくらボロボロとはいえベシールを土足の所に敷くなんて、僕には無理です(笑)。でも代わりに、以前個人的に購入していたバルーチのタイムリっぽいラグを敷いてみました。なかなかいい感じですが、自分の靴の手入れが行き届いていないところが気になりますね~。

そうそう、11月2日(土)から10日(日)まで「トライバルラグ展Ⅱ」を開催します。場所は去年と同じくスケッチイン・ハイクの2Fです。詳細は10月中頃にお知らせする予定です。去年はかなり好評いただいたので、今年も面白いものになるよう頑張ります。tribeの榊さんはとても温和な方で、知識も豊富です。話を聞いてラグやキリムを見るだけでも全く構いませんので、ご興味のある方は是非!

ラグやキリムなど


まだまだ暑い毎日ですが、こんな時でもキリムを中心にトライバルラグ!入荷しています。今回は初めてバルーチの細長いソフレなども仕入れてみました。このタイプ、以前はちょっと渋すぎるかな~?という印象を持っていたのですが、最近はとても好きなカテゴリーのひとつです。


クルド(ホラサーン)のキリム、こちらもソフレだそうです。色、サイズ共に好みな1枚。1930年代とのことです。


トルクメンの131cm×30cmの細長いタイプ。今回は古いトルクメンを何枚か見ることができました。思わず自分用に買いそうになっちゃいましたよ~。やばいやばい。


バルーチです。こちらも玄関マットくらいの小さいサイズで、織りも細かいです。


ベシールのフラグメント、絨毯ですがパイルがすり減ってキリムのように見えます。ボロボロで販売には向かないので、家で飾ってみようかなと思案中です。

他にもいろいろありますので、是非!

tribal rug 入荷!!

トライバルラグやキリムが沢山入荷しました。全部で14枚ほどあります。オールドと呼ばれる50~60年ほど前のモノで、コンデションも素晴らしいものばかりです。ラグは小ぶりなサイズから大きいものまで、種類はキリム・袋物などもあり見応え充分!

19世紀にアフガニスタンに移り住んだトルクメン族キジルアヤクのもの。サイズは大きめで200×107cmです。しっかりとしたパイルで、まさに絨毯、、、という感じです。アフガニスタンの北部の質の高い羊毛が使われているので、かなりの時間が経過しているにもかかわらず新品かと見紛うくらいのクオリティです。


こちらはトルクメン族の袋物の表皮です。サイズは120×45cmと細長いので、テントバッグでしょうか?みっしりとしたパイルがトルクメンらしいですね。


最後はアフシャール族のソフレと呼ばれるキリム。主食のナンを包んだり食卓として使われたりするものだそうです。左下に少しシミがあるせいか、かなりお買い得感のある価格です。

他にもたくさん入荷しています。大変おススメですので、この機会に是非!